HOME > お知らせ > 指定給水装置工事事業者制度の更新制導入について

水道局からのお知らせ

指定給水装置工事事業者制度の更新制導入について

更新日: 令和元101

お知らせ

指定給水装置工事事業者制度の更新制導入について

 水道法の一部が改正されたことに伴い、2019(令和元)年10月1日より指定給水装置工事事業者への更新制が導入されました。
 この改正法により、指定の有効期間が従来の無期限から5年間となることから、有効期間内での更新手続きが必要となります。有効期間内に更新手続きを行わなければ、期間の経過によって指定の効力を失います。
 初回の更新時期につきましては、指定を受けた日によって、更新までの有効期間(1年から5年)が異なります。

*有効期間
指定を受けた年月日 初回更新までの指定の有効期間
平成10年4月1日〜平成11年3月31日 令和2年9月29日までの1年間
平成11年4月1日〜平成15年3月31日 令和3年9月29日までの2年間
平成15年4月1日〜平成19年3月31日 令和4年9月29日までの3年間
平成19年4月1日〜平成25年3月31日 令和5年9月29日までの4年間
平成25年4月1日〜令和元年9月30日 令和6年9月29日までの5年間

※詳細につきましては、指定給水装置工事事業者様の届け出されている住所に郵送にて通知しますが、未着の場合は再送付しませんので、住所が変更されている場合は変更の手続きをお願いします。

お知らせ