このカテゴリのメニュー
市立病院再生情報

HOME > 市政情報 > 市立病院再生情報

市立病院再生情報

最終更新日: 20170328

 平成27年4月から一般財団法人銚子市医療公社が銚子市立病院の指定管理者の指定を受け、管理・運営を行っています。銚子市医療公社は、銚子市医師会や近隣医療機関と連携を図りながら、公立病院として公益性・透明性のある病院運営を目指していきます。
 現在は、内科、外科、整形外科、泌尿器科、眼科、リハビリテーション科、麻酔科、放射線科の外来診療及び一般病棟105床の入院診療を行っており、日中及び水曜日、木曜日の夜間に救急受入を実施しています。
 なお、診療科目や診療日などについては、銚子市立病院のホームページ(http://www.choshi-ik.or.jp)をご覧いただくか、または電話(23‐0011)で直接お問い合わせください。

指定管理者の指定について

 銚子市立病院の指定管理者(平成27年度から平成36年度まで)については、地方自治法第244条の2第3項の規定により、次のとおり指定しましたので公表します。

 銚子市立病院の指定管理者の指定についてPDFファイル(63KB)

銚子市立病院の運営と医療公社の設立について

 「銚子市立病院の方向性を検討する委員会」から得た答申を踏まえ、市立病院の今後の方向性について次のとおり方針を決定しました。

新公立病院改革プランの策定

 総務省の「新公立病院改革ガイドライン」に基づき策定が必要とされた新公立病院改革プランとして、「銚子市立病院新改革プラン」を策定しましたので、公表します。

銚子市看護師修学資金貸付制度について

 銚子市では、将来市内の病院又は診療所(以下「医療機関」といいます。)に勤務し、看護師の業務に従事しようとする方に対し、看護師養成施設における修学のための資金を貸し付けることにより、その修学を容易にし、市内における看護師の確保を図るとともに、地域医療の向上に貢献しようとする意欲のある方を育成する制度を設けました。

 くわしくはこちら

銚子市立病院の方向性を検討する委員会について

 市立病院が、平成27年3月に指定管理期間の満了を迎えるにあたり、その後の方向性を検討するため、市長の諮問機関として「銚子市立病院の方向性を検討する委員会」を平成26年2月に設置し、平成26年7月30日にその答申を得ました。
 
 くわしくはこちら

地区懇談会の開催

 平成26年1月から2月の間、市内8箇所において「市立病院の現状と今後について」の地区懇談会を開催しました。

再生に向けた取組みについて

 旧銚子市立総合病院は、医師不足や度重なる診療報酬の引き下げなどにより極めて厳しい経営状況となり、平成20年9月30日をもって診療業務を休止しました。その後、医療法人財団 銚子市立病院再生機構を指定管理者とする公設民営方式で、平成22年5月に診療業務を再開し、平成27年3月までの約5年間、運営を行ってまいりました。 

 くわしくはこちら

お問い合わせ先

銚子市役所 医療対策課
電話番号:0479-24-8260
受付時間:午前8時30分から午後5時15分まで(土曜、日曜、祝日、年末年始を除く)
お問い合わせページ

前のページへ このページの先頭へ

お問い合わせ | 個人情報の取扱いについて | リンクの取扱いについて | 銚子市アドレス詐称メールについてのご注意 | サイトマップ

銚子市役所
〒288-8601 千葉県銚子市若宮町1-1 TEL:0479-24-8181 / FAX : 0479-25-0277
市役所庁舎窓口の受付時間 午前8時30分から午後5時15分まで (土曜、日曜、祝日、年末年始を除く)