このカテゴリのメニュー

HOME > 観光情報 > 銚子ってどんなところ?

銚子ってどんなところ?

最終更新日: 20210615

海に突き出た半島地形

東京から直線で10キロ 東京から直線距離で100kmの関東最東端のまち「銚子」。
東と南を太平洋に、北は利根川というように三方を水に囲まれ、海に突き出た半島地形をしています。
日本列島を扇にたとえると要の部分にあたる場所が銚子です。

地球を体感できるまち(地層の野外博物館)

市内には2億年前の地層(犬岩など)をはじめ恐竜が生きていた頃の約1億3000万年前の地層(犬吠埼周辺)や日本列島が大陸から動いてきた頃の約1700万年前の地層(夫婦ケ鼻)、約300万年前の地層(屏風ケ浦)など地球の歴史を体感できる場所が点在し銚子市全体が日本ジオパークに認定されています。

犬岩

犬岩は約2億年前の千葉県最古の地層

犬吠埼

犬吠埼は恐竜が生きていたころ約1億2000万年前の地層

夫婦ケ鼻

夫婦ケ鼻は日本列島誕生のカギを握る約1700万年前の地層

屏風ケ浦

10km続く断崖絶壁の屏風ケ浦は約300万年前の地層

銚子ジオパーク

銚子の地名の由来

ちなみに「銚子」という地名は江戸時代後期から使われはじめ、利根川が太平洋に注ぐ河口付近が狭くなっていて酒器の銚子(酒補充用の提子)に似ていることから呼ばれるようになったという説が有力です。
「お銚子一本!」といって提供される食器は「徳利」です。

銚子

銚子(提子)

徳利と猪口

徳利と猪口

銚子をひもとく3つのキーワードは「黒潮」「利根川」「半島地形」

黒潮が日本列島に沿って北上していますが銚子半島を最後に陸地から遠ざかって流れていきます。
銚子沖では親潮と大きな渦を巻いていて、そこに利根川からながれる山のミネラル分も加わってプランクトンが大量に発生するため屈指の好漁場になっているといわれています。
また、黒潮の影響で一年中温暖で湿潤な海洋性気候のため真冬でも雪が降ることがほとんどなく露地野菜が栽培できるほか醤油の醸造に適した環境といわれています。

黒潮

日本列島に沿って北上する黒潮は銚子まで来ると陸地から離れてゆく

魚市場

銚子港の水揚げ量は日本一を誇る(写真は第一卸売市場)

灯台キャベツ

真冬でもめったに氷点下になることがないため露地野菜が栽培できる(写真は灯台キャベツ)

しょうゆ

年間を通して温暖湿潤な気候は醤油づくりに適している

旧石器時代から人が暮らしていた

三崎三丁目遺跡 銚子では約28,000年前の旧石器時代から人が暮らし始めました。三崎3丁目遺跡で発見された台所跡は銚子市地域交流センター内の考古資料展示室に展示されています。
銚子では縄文遺跡が多数発見されていますが、中でも粟島台遺跡と余山貝塚は学術的にも重要な遺跡とされています。

銚子時間

昔から人とモノの交流が盛んだった

紀州人移住碑 縄文時代の遺跡からは千葉県にはない黒曜石やヒスイの加工品が見つかっています。
中世は荘園が置かれ、海上氏によって中島城を中心とした政治が行われ香取の海(現在の霞ケ浦や利根川)による交易が盛んでした。
江戸時代には利根川の水運により物流が発達しました。一方では黒潮にのって紀州(現在の和歌山県)から多くの人が銚子へ移住し漁業を発展させました。銚子には高崎藩(現在の群馬県)の陣屋が置かれていました。
明治時代には鉄道が開通し、大正時代には多くの文人墨客が避暑のために銚子を訪れました。
昭和時代になると自動車による物流が発達し人とモノの交流はますます加速しました。
銚子では「地の者」と「旅の者」の交流により多様な文化と産業が紡がれてきています。

江戸時代後期は関東の三大都市に

江戸時代の後期、銚子は江戸、水戸に次ぐ関東で三番目の大都市でした。これは利根川の水運が発達したことが大きく影響しています。
江戸時代初頭、利根川は東京湾に注いでいてしばしば洪水を起こしていました。徳川家康は水害から江戸のまちを守るため利根川を銚子へ向けて流れを変えるよう命令を下します。約60年の歳月をかけて利根川の東遷工事は完成し、銚子と江戸は水路で結ばれることになりました。これにより東北や関西からの物資が海路で銚子を経由し、高瀬舟に積み替えて江戸へ運ばれるようになり物流拠点として大いに繁栄しました。
さらに銚子で生産された醤油や干鰯(ほしか)なども供給され「銚子は江戸の台所」と称されるほどでした。
北総四都市江戸紀行〜江戸を感じる北総の町並み〜として成田市、佐倉市、香取市とともに日本遺産に認定されています。

利根川東遷

東京湾に注いでいた利根川は銚子へ流れるようになった

日本遺産北総四都市江戸紀行

銚子は意外と有名です

銚子商甲子園優勝 銚子は意外と有名です。
毎日天気予報でテレビに登場しますし、「銚子市犬吠埼の東150キロの太平洋上で…」という風に台風の位置や船舶の遭難など海上の位置を示すときにも目印として使われます。
鉄道が発達した明治後期から大正時代は多くの文化人が避暑のために訪れて多くの足跡を残しています。
また、昭和40年代からは高校野球でも有名になりました。銚子商業、市立銚子、銚子西校の3校が甲子園に出場しています。
特に銚子商業は昭和49年夏の大会で全国優勝しています。
今では「野球のまち」の面影はほとんどありませんが「魚のまち」「農業のまち」「醤油のまち」「観光のまち」は健在です。

日本一が結構あるんです

銚子には日本一がたくさんあります。
・水揚量日本一(銚子漁港)
・春キャベツ生産量日本一
・日本一早い初日の出
・灯台参観者数日本一(犬吠埼灯台)
・カモメの種類とカモメ類飛来数日本一
・イルカウォッチングで確認されたイルカの種類日本一
などなど…

水揚量日本一の調子漁港

水揚量日本一の調子漁港(イワシの水揚風景)

春キャベツ生産量日本一

春キャベツの作付面積・生産量ともに日本一

日本一早い初日の出

日本一早い初日の出が拝める犬吠埼

参観者数日本一の犬吠埼灯台

参観者数日本一の犬吠埼灯台(国指定重要文化財)

かもめ

銚子に飛来するカモメの数は日本一

イルカの種類日本一

銚子沿岸で確認されたイルカ・クジラの種類は日本一

銚子の名物あれこれ

銚子の名物は、大地の恵みいっぱいの特産品をはじめ、銚子ならではの水産物や農産物など盛りだくさんです。

海鮮丼

水揚量日本一の銚子ならではの「海鮮丼」

地魚のすし

間違いのない美味しさの「地魚の寿司」

極上さばづくし料理

魚体の大きい極上鯖を堪能できる「極上さばづくし料理」

いわし料理

刺身、天ぷら、なめろう、さんが焼き、つみれ汁などどれも美味しい「いわし料理」

銚子つりきんめの煮付け

ブランド魚「銚子つりきんめ」は煮付けが一番!

伊達巻すし

漁夫のプリンと呼ばれる「銚子の伊達巻寿司」

つみれ汁

「つみれ汁」は銚子のソウルフード

干物

干物にすると旨味がぐんと増します

磯がき

手のひらサイズの「磯がき」は夏の味覚

佃煮

製法にこだわった佃煮いろいろ

海草こんにゃく

「海草こんにゃく」は海藻からできた健康食品

缶詰

銚子には缶詰工場がたくさんあります

ひしお

食べる醤油といわれる「ひ志お」

しょうゆソフトクリーム

醤油の風味が利いた「しょうゆソフトクリーム」

ピーナッツみそ

おかずなのかおやつなのか?「ピーナッツ味噌」

ぬれせんべい

銚子の醤油が染み込んだ「ぬれせんべい」

今川焼

あんがたっぷり入った「今川焼」

木の葉パン

お店によって味の違いを楽しめる「木の葉パン」

銚子メロン

糖度が高く味が評判の「銚子メロン」

灯台キャベツ

銚子のブランド野菜「灯台キャベツ」

銚子の誉

銚子の地酒「銚子の誉」

灯台コーラ

罪悪感のないオーガニック製の「灯台コーラ」

銚子ビール

銚子の地ビール「銚子ビール」

銚子市観光協会

今はちょっぴり寂しいですが…

昭和40年代に人口9.1万人のピークに達してからは少子高齢化と市外への流出で人口は減り続けています。
消滅都市にもリストアップされたこともあり人口減少を食い止めるための対策が求められています。

このページの掲載内容は時間経過により最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

お問い合わせ先

銚子市役所 観光商工課
電話番号:0479-24-8707
受付時間:午前8時30分から午後5時15分まで(土曜、日曜、祝日、年末年始を除く)
お問い合わせページ

前のページへ このページの先頭へ

お問い合わせ | 個人情報の取扱いについて | リンクの取扱いについて | 銚子市アドレス詐称メールについてのご注意 | サイトマップ

銚子市役所
〒288-8601 千葉県銚子市若宮町1-1 TEL:0479-24-8181 / FAX : 0479-25-0277
市役所庁舎窓口の受付時間 午前8時30分から午後5時15分まで (土曜、日曜、祝日、年末年始を除く)