HOME > 水道をご利用の方へ > 水質について

水道をご利用の方へ

水質について

水質検査計画について

水道課では、市民の皆さまが安心して水道水をご利用いただけるよう、水質検査計画を作成し公表しております。
水質検査計画は、毎事業年度の開始前に水道の需要者が入手しやすい方法で情報提供することが義務付けられています。

給水区域図

  • 本城浄水場系給水区域
  • 東総広域水道企業団系給水区域

水質検査計画ダウンロード

水質検査結果ダウンロード

このサイトの一部のコンテンツでは、下記のようなプラグインをインストールしていただく必要があります。
プラグインとは、ソフトウエア(ブラウザ)が標準で備えていない機能を拡張する外部ソフトウエアのことです。

Adobe Readerをダウンロード
Adobe Reader
PDFファイルの閲覧・印刷することができます。

石綿セメント管を通過した水道水の健康影響について

アスベスト(石綿)による健康被害が全国的に問題となっていることに関連して、石綿セメント管を通過した水道水の健康影響については、平成17年7月13日、厚生労働省健康局水道課から通知がありました。
内容は次のとおりです。

  • 平成4年(1992年)に改正した水道水質基準の検討時にアスベストの毒性を評価しましたが、アスベストは呼吸器からの吸入に比べ、経口摂取に伴う毒性はきわめて小さく、また、水道水中のアスベストの存在量は問題となるレベルにないことから、水質基準の設定を行わないとした。
  • 世界保健機関(WHO)が公表している飲料水水質ガイドラインにおいても、飲料水中のアスベストについては、健康影響の観点からガイドライン値を定める必要はないと結論できるとしている。