このカテゴリのメニュー

HOME > 市政情報 > 情報公開・個人情報保護 > 情報公開制度

情報公開制度

最終更新日: 20150805

 銚子市は、情報公開制度により市政に対する皆さんのご理解を深めていただき、市政への参加を促進し、より透明な市政の実現を目指しています。
 市では、平成11年7月から「銚子市情報公開条例」を施行し、市の行政活動に関する説明責任を明記するとともに、市の保有する公文書の開示を求める権利を保障しています。また、情報提供の一層の充実に努めるなど情報公開の総合的な推進を図っています。

請求できる人

 どなたでも公文書の開示を請求することができます。

公文書の開示を実施する機関

請求できる公文書

 実施機関の職員が職務上作成し、又は取得した文書、図画及び電磁的記録で、組織的に用いるものとして保有しているものを請求することができます。文書、図画については平成11年4月1日以後に、電磁的記録については平成17年4月1日以後に作成・取得したものが対象となります。なお、これ以前に作成・取得した公文書については、開示の申出として応じるよう努めています。

請求の方法

 請求される方は、「公文書開示請求書」に所定の事項を記入して、市役所2階総務課に直接又は郵送により提出していただきます。請求書に記入していただく際には、窓口の係員が皆さんのご相談に応じます。また、開示の申出をする場合は、「公文書開示申出書」を提出していただきます。

請求に対する決定

 開示するかどうかの決定は、請求を受け付けた日の翌日から起算して14日以内に行います(開示決定をすることができないやむをえない理由がある場合は、期間を延長する場合があります。)。
 開示する場合はその旨並びに開示の日時・場所等を、開示しない場合はその旨並びにその理由を書面により通知します。

開示の方法と費用

 公文書の種類に応じて、閲覧、視聴又は写し等の供与により行います。閲覧及び視聴は無料ですが、写し等の供与を請求される場合は、実費を負担していただきます。

開示しない情報

 請求のあった公文書は原則として開示されます。ただし、次の情報が記録されている公文書は例外的に開示しない場合があります。なお、開示しない情報が含まれている公文書であっても、その部分を容易に区分して除くことができるときは、その部分を除いて開示します。

決定に不服がある場合

 請求した公文書に対する開示されない旨の決定に不服があるときは、実施機関に対して行政不服審査法に基づく不服申立てができます。 この場合、実施機関は第三者で構成する「銚子市情報公開・個人情報保護不服審査会」に諮問し、その答申を尊重して不服申立てに対する決定又は裁決を行うことになります。

お問い合わせ先

銚子市役所 総務課 政策法務班
電話番号:0479-24-8190
受付時間:午前8時30分から午後5時15分まで(土曜、日曜、祝日、年末年始を除く)
お問い合わせページ

前のページへ このページの先頭へ

お問い合わせ | 個人情報の取扱いについて | リンクの取扱いについて | 銚子市アドレス詐称メールについてのご注意 | サイトマップ

銚子市役所
〒288-8601 千葉県銚子市若宮町1-1 TEL:0479-24-8181 / FAX : 0479-25-0277
市役所庁舎窓口の受付時間 午前8時30分から午後5時15分まで (土曜、日曜、祝日、年末年始を除く)