このカテゴリのメニュー

HOME > 市政情報 > 銚子市について > プロフィール > 銚子市の歴史

銚子市の歴史

最終更新日: 20110630

原始

 銚子半島に人間が暮らし始めたのは、約1万5千〜2万3千年前くらいの旧石器時代といわれています。
 海に臨むこの地は、自然に恵まれ、数千年もの長い間狩猟と漁撈を中心とした生活が営まれ、その当時の様子は粟島台遺跡や余山貝塚からの出土品などから知ることができます。

古代・中世

 平安時代に入り、武士が勃興するころになると、平忠常の子孫である千葉氏の支族である東氏・海上氏がこの地を領有するようになり、建久年間(1190年代)千葉常衡が海上与市を名のって船木郷に中島城を築城したといわれています。
 飯沼観音の名前で親しまれている円福寺は、神亀5年(728年)に漁夫が海中から引き揚げた十一面観音像を安置したのが始まりといわれ、海上氏の帰依も厚く、門前町が形成されたのが、現在の銚子の都市的起源とされています。
 海の守り神としての川口神社は、寛和2年(986年)の創建と伝えられ、明治の初めまでは、白神(歯櫛)明神と呼ばれ、大漁節の9番目にも『この浦守る川口の 明神御利益あらわせる』と歌われているように、古くから漁師の信仰をあつめています。

近世

 このころになると、新たな産業が始まりました。元和2年(1616年)に摂津国の酒造家の教示により飯沼村の田中玄蕃が醤油の醸造を始め、また、正保2年(1645年)に紀州から浜口儀兵衛が移り住み、醤油の醸造を開始。元禄期前後に銚子の醤油産業が発展しました。
 万治元年(1658年)には、崎山次郎右衛門が外川浦に漁港を開き、外川港の繁栄をもたらしました。
 利根川は、幾度もの改修工事を経て、寛永年間(1624年〜1643年)、現在の流路に整えられ、江戸を洪水から救うとともに、江戸〜銚子間の利根水運が開かれ、東北地方の米などを江戸に運ぶ重要な中継港として発展してきました。こうした利根水運の隆盛を背景に、漁業と醤油醸造が飛躍的にのび、江戸末期にはイワシの豊漁が続き、大漁祭が行われるようになりました。その祭のときに歌われたのが「大漁節」で、千葉県を代表する民謡の一つとして知られています。

近代・現代

 明治維新(1867年)により幕藩体制は終わりを告げました。市域は宮谷県知事の支配下に置かれ、新治県を経て、明治8年(1875年)千葉県となりました。銚子でも、文明開化によって新施設が造られるようになり、明治7年(1874年)に犬吠埼灯台、明治19年(1886年)に銚子測候所、明治41年(1908)には銚子無線電信局が建設されました。犬吠埼灯台には、毎日のように150〜200人ほどの見物人が各地から訪れたと伝えられています。また、全国で初めての無線交信基地が本銚子町平磯台(現川口町2丁目)に建設され、犬吠埼灯台とならんで銚子名所の一つとなっていました。
 明治末期には、佐倉〜銚子間の総武本線が開通し、東京の本所と結ばれました。現在の銚子電鉄の前身である銚子遊覧鉄道は、大正2年(1913年)に開通しました。
 明治22年(1889年)、町村制にともない、飯沼村が本銚子町と改称、荒野、新生、今宮の3村が合併し銚子町に、また、長塚、松本、本城の3村が合併し伊豆原村と改称したのち明治24年(1891年)に西銚子町となりました。さらに、昭和8年(1933年)2月11日、銚子、本銚子、西銚子の3町と豊浦村が合併し、千葉県下第2番目の市として銚子市が誕生しました。
 昭和12年(1937年)に高神村、海上村、昭和29年(1954年)に船木村、椎柴村、昭和30年(1955年)に豊里村、昭和31年(1956年)に豊岡村と順次合併し、発展してきました。

〜源義経伝説〜

 源義経が、兄頼朝に追われ奥州に逃れる途中、一千騎を引き連れて洞窟にこもったと伝えられている千騎ケ岩、外川から船で奥州へ逃れた後、海べりに残された愛犬が義経を慕って7日7晩吠え続け、最後は岩になってしまったという犬岩や馬ふん池など義経にまつわる伝説が残されています。


常灯寺本堂


木造薬師如来坐像


川口神社


千人塚


渡海神社


飯沼観音


猿田神社本殿

前のページへ このページの先頭へ

お問い合わせ | 個人情報の取扱いについて | リンクの取扱いについて | 銚子市アドレス詐称メールについてのご注意 | サイトマップ

銚子市役所
〒288-8601 千葉県銚子市若宮町1-1 TEL:0479-24-8181 / FAX : 0479-25-0277
市役所庁舎窓口の受付時間 午前8時30分から午後5時15分まで (土曜、日曜、祝日、年末年始を除く)