このカテゴリのメニュー

HOME > 市民の方へ > 行政分野 > 産業 > 洋上風力発電 > 銚子沖の自然環境について

銚子沖の自然環境について

最終更新日: 20191115

洋上風力発電に適した自然環境について

 洋上風力発電には、「着床式」と「浮体式」の2種類の形状があり、現在の主流は着床式になっています。
 浮体式は、風車の基礎を海底に固定せず、風車を浮かべる形で設置することから、波や海流を考慮した設計とするなど、本格的な実用化に向け、発電コストの面も含め、様々な課題を解決していく必要があります。
 ヨーロッパでは、1990年頃から洋上風力発電の導入が進み、特に、イギリスやデンマークなどの北海周辺諸国での導入が進められてきました。
 これは、北海などのヨーロッパの海は風況が良好であるとともに、海岸から100kmにわたって水深20〜40mの遠浅の地形が続くなど、現在の主流である着床式洋上風力発電の導入に適した自然環境に恵まれていたためです。
 特に、風力発電は、風のエネルギーを電気エネルギーに変える発電方法のため、風況については、発電設備の設備利用率に直接影響を及ぼす非常に重要な要素であるといえます。

洋上風力発電とはこのリンクは別ウィンドウで開きます

銚子沖について

 下図は銚子沖における風況と水深を示したものです。
 銚子沖は、年平均風速7.0m/s以上と風況に恵まれているほか、水深20〜30mの遠浅の海が続くことから、ヨーロッパ諸国と同様、着床式洋上風力発電の導入に適した自然環境であることがわかります。
 また、再エネ海域利用法の運用の中では、年平均風速7.0m/s以上、水深30m以下であることが着床式洋上風力発電の導入に向けての一つの目安として示されていますが、銚子沖については、いずれの基準も満たしています。
 銚子沖が、再エネ海域利用法に基づく「協議会の組織等の準備を直ちに開始する有望な区域」(全国4区域)として選定されたのも、このような恵まれた自然環境が非常に大きな要因であったといえます。

洋上風力発電の促進区域として有望な区域に銚子市沖が選定されましたこのリンクは別ウィンドウで開きます

風速(高度80m)

(出典:外房地域洋上風力発電ポテンシャルマップ/千葉県)

水深

(出典:外房地域洋上風力発電ポテンシャルマップ/千葉県)

国指定名勝及び天然記念物「屏風ケ浦」について

文化財の保護・景観への配慮

 洋上風力発電事業計画海域の近傍には、平成28年3月に国の名勝及び天然記念物に指定された「屏風ケ浦」があります。
 犬岩から刑部岬まで約10kmにわたって地面が切り取られたかのような20〜60mの切り立った断崖が続くさまは、歌川広重の浮世絵にも富士見の名所として描かれ、本市を代表する自然景観の一つであるとともに、波によって侵食され続ける崖は、天然記念物として、学術上も非常に価値の高いものです。

屏風ケ浦についてはこちらこのリンクは別ウィンドウで開きます

 今後の洋上風力発電事業の推進にあたっては、これらの文化財へ最大限配慮するとともに、屏風ケ浦周辺の自然環境の保護・保全にも努めていく必要があると考えます。

お問い合わせ先

銚子市役所 企画財政課 洋上風力推進室
電話番号:0479-24-8912 / FAX:0479-25-4044
受付時間:午前8時30分から午後5時15分まで(土曜、日曜、祝日、年末年始を除く)
お問い合わせページ

前のページへ このページの先頭へ

お問い合わせ | 個人情報の取扱いについて | リンクの取扱いについて | 銚子市アドレス詐称メールについてのご注意 | サイトマップ

銚子市役所
〒288-8601 千葉県銚子市若宮町1-1 TEL:0479-24-8181 / FAX : 0479-25-0277
市役所庁舎窓口の受付時間 午前8時30分から午後5時15分まで (土曜、日曜、祝日、年末年始を除く)