このカテゴリのメニュー

HOME > 市民の方へ > 行政分野 > まちづくり・防犯・防災 > 防災 > 防災ラジオ よくある質問

防災ラジオ よくある質問

最終更新日: 20130531

問:
防災ラジオは、どのように使うのですか?

答:
 普段はAM・FMラジオとしてお使いいただけます。
 防災放送を受信するためには、ACアダプタと乾電池を使い、電源を「入」の状態でお使いください。防災放送が流れると、AM・FMラジオを聞いていても聞いていないときでも、割込み機能により緊急ランプが緑色から赤色になり、防災放送を優先して受信します。防災放送が終わると、緊急ランプが緑色に点灯して待機状態に戻ります。

問:
防災ラジオは、どこに置けばいいですか?

答:
 朝7時と夕方6時の防災放送を利用して、居間や寝室など、置きたい場所で防災放送が受信できるかどうか、アンテナをまっすぐに伸ばした状態で確認してください。
 防災放送は昼夜の時間に関係なく中程度の音量で自動放送されますので、寝室に置く場合はご注意ください。
 なお、電波の受信状態が悪い場合は、何回か置き場所を変えて受信できる場所を確認してください。防災放送の電波は市役所屋上から送信していますので、その方向の窓際などが受信しやすいと考えられます。

問:
電源は、ACアダプタだけでも使えますか?

答:
 ACアダプタだけでも使うことはできますが、緊急ランプが緑色に点滅し続けます。緑色のランプの点滅は、乾電池の交換が必要なことをお知らせするものであり、故障ではありません。
 災害発生時に停電になったり、避難所等へ持ち出す際のことを考えますと、乾電池もセットして併用することをお勧めします。
 乾電池だけでは1週間程度しか持ちませんが、ACアダプタと併用する場合は、乾電池の交換は1年程度不要です。なお、乾電池が使える間は緑色の緊急ランプは点滅せず、点灯したままとなります。

問:
防災ラジオの緊急ランプが緑色で点滅しているのですが、故障ですか?

答:
 緑色のランプの点滅は、乾電池の交換が必要なことをお知らせするものであり、故障ではありません。
 乾電池がセットされていない場合も、点滅したままとなります。
 古い電池を入れたまま使用し続けますと、液漏れが起こりラジオが故障しますので、新しい電池と交換してください。
 電池交換後は、ランプは点滅せず、緑色で点灯したままとなります。

問:
防災放送が受信できないのですが、故障ですか?

答1:
 電源は入っていますか。
 AM・FMラジオとしてお使いいただけますか。
 特にACアダプタの、コンセント側とラジオの入力端子がしっかり入っているか確認してください。また、乾電池の残量があるか、確認してください。
 緊急ランプが緑色で点灯したままの待機状態になれば、故障ではありません。

答2:
 防災放送は市役所屋上から送信していますが、一般のラジオ放送と比べるとはるかに出力が低いため、いろいろな原因で受信がしにくくなります。
 お住まいはどこですか。次のような地域では、受信しにくい場合があります。

<外川町、長崎町、犬若、海鹿島町、黒生町など>
 愛宕山の陰になる等の影響で、市役所からの電波が届きにくい場合があります。

<宮原町、諸持町、八木町、豊里台など>
 市役所から遠い地域では、市役所からの電波が届きにくい場合があります。

答3:
 市役所から離れていなくても、鉄筋コンクリートなどの電波を通しにくい構造の家の場合、受信しにくい場合があります。木造でも同様の場合があります。
 また、テレビ等の電化製品の近くやパソコンの無線LANルーターなど、家の中で電波・電磁波を発するような物が近くにある場合、受信しにくいときがあります。

問:
防災放送の雑音がひどいのですが、故障ですか?

答:
 緊急ランプが緑色から赤色になり、防災放送を受信しているけれども雑音がひどい場合は、防災放送が受信しにくくなっているだけで故障ではありません。その理由としては、次のような場合が考えられますが、原因が特定できても対応が困難なことがあります。

<家の中や外に妨害電波等の雑音源がある場合>
 テレビアンテナのブースター、電化製品、パソコや無線LAN、高圧電線、アマチュア無線、工場等のモーター、工事現場など

<防災放送の電波が届きにくい場合>
 市役所方向に電波を遮るものがあったり、市役所と距離が離れているため電波が弱いなど

問:
防災ラジオの緑色の緊急ランプが一瞬赤色になっても防災放送は受信せず、また緑色に戻ってしまうのは、故障ですか?

答1:
 防災ラジオと同じ周波数の電波を瞬間的に受信して緊急ランプが赤色になると思われますが、電波が微弱だったり瞬間的なものだったりするため、また通常の緑色に戻るものと考えられますので、それだけであれば故障ではありません。
 一般的には、雑音電波が原因と考えられますが、その雑音源を特定することは困難な場合がほとんどです。

答2:
 本市と同じ周波数帯を使用している市町村が千葉県内にもありますので、他市町村の防災無線が混信する場合が考えられます。本市の防災放送が良好に受信できる場合は、防災ラジオのアンテナを少し短くするなどの調整により、防げることもあります。

お問い合わせ先

銚子市役所 危機管理課
電話番号:0479-24-8193 / FAX:0479-25-0277
受付時間:午前8時30分から午後5時15分まで(土曜、日曜、祝日、年末年始を除く)
お問い合わせページ

前のページへ このページの先頭へ

お問い合わせ | 個人情報の取扱いについて | リンクの取扱いについて | 銚子市アドレス詐称メールについてのご注意 | サイトマップ

銚子市役所
〒288-8601 千葉県銚子市若宮町1-1 TEL:0479-24-8181 / FAX : 0479-25-0277
市役所庁舎窓口の受付時間 午前8時30分から午後5時15分まで (土曜、日曜、祝日、年末年始を除く)