このカテゴリのメニュー

HOME > 市民の方へ > 行政分野 > 住民基本台帳・戸籍・印鑑・年金・税 > 税金 > 市税の種類 > 固定資産税 > 住宅をバリアフリー改修したときの減額措置

住宅をバリアフリー改修したときの減額措置

最終更新日: 20180614

平成28年4月1日から平成32年3月31日までの間に、高齢者等の居住の安全性および介助の容易性の向上に資する一定のバリアフリー改修工事を実施した住宅に対して、固定資産税が減額されます。

対象となる住宅の要件

  1. 新築された日から10年以上経過した住宅であること(賃貸住宅は除きます。)
  2. 住宅(区分所有家屋の場合は各専有部分)の床面積が50平方メートル以上280平方メートル以下であること
  3. 65歳以上の方、要介護認定または要支援認定を受けている方、障害のある方のいずれかの方が居住する住宅であること
  4. 居住の用に供する部分の床面積が2分の1以上であること

対象となる工事の要件

  1. 改修工事費のうち、補助金を除く自己負担額が50万円を超えるもの
  2. 次のいずれかの改修工事であること
    (1)廊下の拡幅
    (2)階段の勾配の緩和
    (3)浴室の改良
    (4)便所の改良
    (5)手すりの取りつけ
    (6)床の段差の解消
    (7)引き戸への取替え
    (8)床表面の滑り止め化

減額される内容

床面積が100平方メートル以下の住宅部分に対して、固定資産税額の3分の1が減額されます。

減額される期間

改修工事が完了した年の翌年1月1日を賦課期日とする年度分から、次に掲げる期間とします。

改修工事の完了した時期 減額される期間
平成32年3月31日まで 1年度分

申告の手続き

改修工事完了後3カ月以内に、税務課 課税室 固定資産税班まで申告してください。
申告に必要なものは次のとおりです。

注意事項

省エネ改修工事に伴う減額措置との併用適用は可能ですが、耐震改修工事に伴う減額措置や新築家屋の軽減措置との重複適用はできません。

お問い合わせ先

銚子市役所 税務課 課税室 固定資産税班
電話番号:0479-24-8952
受付時間:午前8時30分から午後5時15分まで(土曜、日曜、祝日、年末年始を除く)
お問い合わせページ

前のページへ このページの先頭へ

お問い合わせ | 個人情報の取扱いについて | リンクの取扱いについて | 銚子市アドレス詐称メールについてのご注意 | サイトマップ

銚子市役所
〒288-8601 千葉県銚子市若宮町1-1 TEL:0479-24-8181 / FAX : 0479-25-0277
市役所庁舎窓口の受付時間 午前8時30分から午後5時15分まで (土曜、日曜、祝日、年末年始を除く)