このカテゴリのメニュー

HOME > 市民の方へ > 行政分野 > 住民基本台帳・戸籍・印鑑・年金・税 > 税金 > 市税の種類 > 市民税 > 平成28年度 市民税・県民税 税制改正の主な改正点

平成28年度 市民税・県民税 税制改正の主な改正点

最終更新日: 20150915

 次の改正点は、平成27年中の所得に対する平成28年度の市民税・県民税から適用されます。

市民税・県民税における公的年金からの特別徴収(天引き)制度の見直し

 公的年金からの特別徴収制度の見直しが行われ、平成28年10月以降に実施する特別徴収より、下記のとおり制度が改正されます。

(1) 仮特別徴収税額の算定方法の見直し (仮特別徴収税額の平準化)

 年間の公的年金からの特別徴収税額の平準化を図るため、仮特別徴収税額(4・6・8月天引き分)を、「前年度分の公的年金等の所得に係る市民税・県民税の年税額の2分の1に相当する額とする」こととされました。
 ※  本改正は、仮特別徴収税額の算定方法の見直しを行うものであり、税負担となる年税額の増減を生じさせるものではありません。

 公的年金からの特別徴収税額の計算方法(年金特徴継続者)
継続者 仮徴収 本徴収
4月 6月 8月 10月 12月 翌年2月
現行 前年度分の本徴収÷3
(前年2月と同じ額)
(年税額-仮徴収額)÷3
改正 (前年度分の年税額÷2)÷3 (年税額-仮徴収額)÷3

(2) 転出・税額変更があった場合の特別徴収継続の見直し

 年金保険者に対して特別徴収税額を通知した後に特別徴収税額が変更された場合や、公的年金からの特別徴収対象者が、賦課期日(1月1日)後に当該市町村の区域外に転出した場合、公的年金からの特別徴収は停止され、普通徴収(納付書で納めていただく方法)に切り替わることとされていましたが、一定の要件の下で特別徴収が継続されることとなりました。

リンク:個人住民税の公的年金からの特別徴収制度の見直し(総務省資料)

「ふるさと納税」制度に係る改正

(1)特例控除限度額の拡充(引上げ)

 都道府県・市区町村に対する寄附金「ふるさと納税」に係る寄附金税額控除について、特例控除額の上限を、市民税・県民税の所得割額(調整控除後の所得割額)の20パーセント(改正前10パーセント)に拡充することとされました。
※平成27年以後に支出する「ふるさと納税」から適用

(2)「ふるさと納税ワンストップ特例制度」の創設 (平成27年4月1日以後に行う寄付から適用)

 確定申告が不要な給与所得者等がふるさと納税を行った場合、確定申告を行わなくても寄附金控除が適用される仕組み「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が創設されました。
 ※平成27年4月1日以後に行う「ふるさと納税」で、寄附先の団体数が5団体以内の場合で確定申告(住民税申告を含む)を行わない場合に限ります。特例の適用には、寄附を行う際に各寄附先の自治体に特例適用の申請書を提出する必要があります。

よくある質問について

 ふるさと納税やワンストップ特例制度に関する「よくある質問」については、総務省ホームページ「ふるさと納税 ポータルサイト よくある質問」をご覧ください。

お問い合わせ先

銚子市役所 税務課 市民税班
電話番号:0479-24-8951
受付時間:午前8時30分から午後5時15分まで(土曜、日曜、祝日、年末年始を除く)
お問い合わせページ

前のページへ このページの先頭へ

お問い合わせ | 個人情報の取扱いについて | リンクの取扱いについて | 銚子市アドレス詐称メールについてのご注意 | サイトマップ

銚子市役所
〒288-8601 千葉県銚子市若宮町1-1 TEL:0479-24-8181 / FAX : 0479-25-0277
市役所庁舎窓口の受付時間 午前8時30分から午後5時15分まで (土曜、日曜、祝日、年末年始を除く)