このカテゴリのメニュー

HOME > 市民の方へ > 行政分野 > 住民基本台帳・戸籍・印鑑・年金・税 > 住所 > 外国人住民登録をするとき

外国人住民登録をするとき

最終更新日: 20120710

外国人住民に係る登録制度の変更について

 平成24年7月9日に出入国管理及び難民認定法及び日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法(入管法等)及び住民基本台帳法が改正されることに伴い、外国人登録法が廃止されます。
 外国人住民の方には日本人と同じように住民票が作成されることになりました。

改正の内容

 外国人住民の方については、外国人登録法に基づき外国人登録原票に記載され、日本人とは異なる制度に登録されています。そのため、現在住民票は作成されておりません。
 今回の改正により外国人登録法が廃止され、外国人住民の方についても日本人と同様に住民票が作成されることになります。
 このことにより、外国人と日本人で構成する世帯について、世帯全員が記載された住民票の写しが発行できるようになります。また、現在日本人のお子様が世帯主になっている場合、外国人父(または母)が世帯主に変更することができます。

住民票を作成する外国人住民の対象者

  1. 中長期在留者(在留カード交付対象者)
  2. 特別永住者
  3. 一時庇護許可者又は仮滞在者
  4. 出生による経過滞在者又は国籍喪失による経過滞在者

住所に関する届出(転入、転出、転居届)

 外国人住民の方については、今まで転出手続きは必要ありませんでした。
 平成24年7月9日以降は、転出される前に、転出届を提出して転出証明書の交付を受ける必要があります。
 新しい住所地の市町村役場に転出証明書と在留カードまたは特別永住者証明書を必ず持参し、転入の手続きをすることになります。
 市内で住所が変更になった場合も14日以内に転居届出をする必要があります。

外国人登録証明書(カード)が切り替わります

 改正後も原則としてしばらくの間は、現在の外国人登録証明書は有効ですが、次のとおり切り替えとなります。

関連リンク

法務省入国管理局「新たな在留管理制度がスタート」
http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_1/index.html

法務省入国管理局「特別永住者の制度が見直されます」
http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_2/index.html

総務省「外国人住民に係る住民基本台帳制度について」
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/zairyu.html

お問い合わせ先

銚子市役所 市民課 市民班 
電話番号:0479-24-8759
受付時間:午前8時30分から午後5時15分まで(土曜、日曜、祝日、年末年始を除く)
お問い合わせページ

前のページへ このページの先頭へ

お問い合わせ | 個人情報の取扱いについて | リンクの取扱いについて | 銚子市アドレス詐称メールについてのご注意 | サイトマップ

銚子市役所
〒288-8601 千葉県銚子市若宮町1-1 TEL:0479-24-8181 / FAX : 0479-25-0277
市役所庁舎窓口の受付時間 午前8時30分から午後5時15分まで (土曜、日曜、祝日、年末年始を除く)