【消防団の活動】

 火災や災害の時

 ・火災時には消防車で現場に向かい、消防活動をします。鎮火後も再び燃えないよう警戒活動をします。

 ・台風や集中豪雨の時、土のうを使用し氾濫に警戒したり、水位監視や広報活動を行います。

 ・大規模地震発生時には、津波の広報及び住民の避難誘導を行います。



 災害がない時

 ・消防団員は団体で行動します。団員同士の連携強化を図るため、行進や消防車や小型ポンプから水を
 出す訓練(ポンプ操法)を行っています。
 
 ・消防車や機械器具の点検をしています。

 ・消防車で鐘を鳴らしながら、巡回を行っています。

 ・地域の祭り等の警備をしています。