〜消防本部からの緊急のお知らせです!!〜


平成20年中には市内で住宅火災により8人もの尊い命が失われ、銚子市において過去最も多い数字となり、他市と比較しますと深刻な事態となっています。
 この内、65才以上の高齢者が6人と高い割合を占めました。
 全国の住宅火災における死者数は、平成15年以降5年連続して1,000人を超え、約7割の方が就寝時間帯に「逃げ遅れ」が理由で亡くなられています。


  住宅火災による死者を減少させることを目的に、消防法及び銚子市火災予防条例が改正され、平成20年6月1日より全ての住宅に「住宅用火災警報器」の設置が義務付けられました。
  住宅用火災警報器が火災を早期に発見、警報音にて火災を知らせ「逃げ遅れ」や延焼拡大を防ぐことにつながります。
  まだ設置されていない方は、
早期設置をお願いします。



 3つの習慣
   ・寝たばこは、絶対やめる。
   ・ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。
   ・ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。
 
 4つの対策
   ・逃げ遅れを防ぐために、
住宅用火災警報器を設置する。
   ・カーテンなどからの火災を防ぐために、防炎品を使用する。
   ・火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器等を設置する。
   ・お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。

     
住宅用火災警報器
Q&A 
  Q どこに設置するのですか?
 A すべての寝室に設置が必要です。
   2階に寝室がある場合は、階段の上部にも必要です。

  Q 取付けに資格は必要ですか?
  A 資格はいりません。
   防災機器取扱店・ホームセンター・電器店等で販売しています。
    (銚子市内の取扱店はこちら)

 Q どうのような警報器を購入したらよいのでしょうか?
 A 国の技術基準に適合し日本消防検定協会の検査に合格した製品には、認定マーク
   「NS」が付いています。

    
 ※価格はメーカー、電池の寿命などによって異なりますが、1個約4,000円〜9,000 
   円が中心です。

  Q どんな種類がありますか?
 A 煙と熱感知式の2種類あります。
   寝室、階段には煙感知式が義務付けられています。

         

 
 設置が義務化されたことに伴い、
不適正な訪問販売等が発生することが予想されます。

 消防職員、市町村職員等を装う!
  ・消防職員等が住宅用火災警報器の訪問販売を行うことはありません。
  ・消防職員等が尋ねてきたら、身分を証明するものを見せてもらいましょう。

 恐怖心をあおる、おどす!
  ・法律で義務化され、設置しないと罰金をとられるなどと恐怖心をあおり、おどします。
  ・住宅用火災警報器の未設置については、罰金などの罰則の適用はありません。

 特別価格を強調し、考える時間を与えない!
  ・業者は即決・即金を求め、すぐに行方をくらまします。
  ・お金を払わせ、「領収書をもって来ます。」と言ったまま戻ってきません。

              

              銚子市消費生活センター  0479−24−8194
       受付時間 午前9時〜午後4時 月曜日〜金曜日(土、日、祝日除く)

住 宅 用 火 災 警 報 器 相 談 室

  一般的なご相談は             ⇒ 0120−565−911(住宅防火対策推進協議会)

 銚子市の条例基準に関するご相談は  ⇒ 0479−22−3295(銚子市消防本部 予防課)

 土、日、祝日は               ⇒ 0479−22−0119(銚子市消防本部 代表)