消防の仕事
消防車両の紹介
消防署の主な車両
銚子市消防署の主な車両の紹介です
化学消防車
化学消防自動車

この車両は、水では消火できないガソリンスタンドや工場などの危険物火災に使用する車両で、薬液混合装置や危険物火災に対応する資機材を装備し、薬液約500リットルと水1500リットルを積載しています。
 
水槽付きポンプ自動車
水槽付きポンプ自動車

この車両は、1500リットルの水を積載しており、出火建物の近くに部署して一早く放水し、火災の延焼拡大を防ぎます。積載水が無くなるまでに他の消防車から水をもらい連続放水を行ないます。また、消火栓や防火水槽等の消防水利から水を吸い上げて消火活動を行なうこともできます。
 
消防ポンプ自動車
消防ポンプ自動車

この車両は、皆さんがよく見かけるタイプの消防自動車です。
消防活動の主力となるもので、消火栓や防火水槽等の消防水利から水を吸い上げ放水します。この車両は、一般的な消火活動に多く使われる他、水槽付きポンプ自動車への中継車としても威力を発揮します。
 
はしご付き消防自動車
はしご付き消防自動車

この車両は、高層建築物火災で高所からの消火活動をはじめ、高層階での救助活動を実施します。
また、低所へもはしごを伸梯できるため、河川や海からの救助活動にも威力を発揮します。
 
救助工作車
救助工作車

この車両は、火災や地震などあらゆる災害において救助活動ができるように、ウィンチ・クレーン等を装備し、エンジンカッターや大型の油圧式救助器具等、80種類以上もの資機材を装備し、人命救助活動を行ないます。
 
救急自動車
救急自動車

この車両は、交通事故等でケガをした人や急病人を病院等の医療機関に搬送するための車両で、応急処置に必要な各種資機材を積載しています。中でも高規格救急車は、救急救命士が同乗し、重度傷病者を医療機関へ搬送する際に、医師の支持を受けるために必要な通信設備、その他救命処置を行なうための資機材を備えています。
当消防本部では、すべての救急車にこの高規格救急自動車を配備しています。