このカテゴリのメニュー

HOME > お知らせ > 2018 > 銚子市移住者コミュニティ『新銚子人』

銚子市移住者コミュニティ『新銚子人』

最終更新日: 20201029

知り合いも土地勘もないところに移り住むことってとても不安ですよね
このような経験をされた先輩移住者の有志のみなさんが、すでに移住をした方やこれから移住を検討されている方の不安を少しでも和らげ、銚子で幸せに暮らしてほしいとの思いから移住者コミュニティ(Choshi community for Migrants)を発足されました。

団体名称(Denomination)

新銚子人(Shin-Choshi-zin)

活動内容(Activity objective)

これから移住される方へ

移住された方へ

メンバー紹介(Member)

伊藤 貴明(いとう たかあき)
【プロフィール】

埼玉県出身。平成27年に銚子市へ移住。
自動車関連の仕事に従事した後、2年間フィリピンで青年海外協力隊に参加。
帰国後、都内の外資系企業に就職したが、フィリピンでの生活が懐かしく、お金で得られない幸せな暮らしがしたいという思いが募り、移住を検討。現在の職場の求人募集を見つけ応募、採用されたことをきっかけに銚子市に移住。
現在は、仕事の関係で都内に在住。銚子在住メンバーと連携しながら、これから銚子市内へ移住される方の相談に乗る活動をしています。
【メッセージ】
私自身が銚子に移住してきた時に、相談できる方がいなかったことで多少苦労した経験があり、このコミュニティを立ち上げました。皆さんが新銚子人として、楽しい銚子生活ができるよう精いっぱいお手伝いさせていただきたいと思っております。

ito

ito


久芳 尚子(くば なおこ)
【プロフィール】
平成28年9月に銚子市お試し住宅を利用。滞在中に移住定住推進室(現・銚子創生室)より外川町の物件を紹介される。その後11月、12月とお試し住宅を利用しながら、地元の人とのつながりを深めたり、市役所にお任せして流れに乗っていたところ、初訪銚から4か月で外川の物件購入に至る。
1年間は習志野市と銚子市の2地域居住をしながら東京で働いていたが、平成29年11月に住民票を移し東京の仕事も辞めて、平成30年1月より完全に銚子市に生活拠点を移す。
【メッセージ】
自分が目指していた田舎暮らしとはまったく違いますが、かなりおもしろおかしい毎日です。移住を考えている方へ、このおもしろおかしい銚子を知っていただくお手伝いができればと思っています。

kuba

kuba


相馬 圭二(そうま けいじ)
【プロフィール】

ミュージシャン(元ザ・コブラツイスターズ)
大内かっぱハウス館長
平成29年9月、銚子市内にある大内かっぱハウスの二代目館長就任に伴い、銚子に移住。
【メッセージ】
銚子は古くから漁業や観光などで栄えてきたからでしょうか、外部からの人間にとてもおおらかで優しく接してくれるように感じます。
風が気持ちよくて食べ物が美味しい、そして温暖で住みやすい気候も魅力です。

souma

house

問い合わせ先(Contact us)

私たちも移住に際して同じような不安を抱きました。
銚子市はとても気候がよく、素敵な場所がたくさんある住みやすいまちです。
一人で悩まずに、まずはお気軽にご連絡ください。
一緒に銚子ライフを満喫しましょう!!

<新銚子人の概要>
電子メール(E-mail) iju-info@city.choshi.lg.jp
取組み開始(Start) 平成30年2月
構成人数(Member) 3名

お問い合わせ先

銚子市役所 企画財政課 銚子創生室 移住定住推進班
電話番号:0479-24-8912/ FAX:0479-25-4044

受付時間:午前8時30分から午後5時15分まで(土曜、日曜、祝日、年末年始を除く)
お問い合わせページ

前のページへ このページの先頭へ

お問い合わせ | 個人情報の取扱いについて | リンクの取扱いについて | 銚子市アドレス詐称メールについてのご注意 | サイトマップ

銚子市役所
〒288-8601 千葉県銚子市若宮町1-1 TEL:0479-24-8181 / FAX : 0479-25-0277
市役所庁舎窓口の受付時間 午前8時30分から午後5時15分まで (土曜、日曜、祝日、年末年始を除く)