このカテゴリのメニュー

HOME > お知らせ > 2017 > 国民健康保険の保険料軽減判定所得誤りについて

国民健康保険の保険料軽減判定所得誤りについて

最終更新日: 2017714

 このたび、一部の国民健康保険被保険者の皆様には、次のとおり不適切な事務処理により、大変ご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。
 今後は、このような誤りがないよう、適切な事務処理に努めてまいります。
 概要、原因は、以下のとおりです。

1.概要

 平成28年12月27日、厚生労働省は後期高齢者医療保険料の軽減判定において、後期高齢者医療広域連合電算処理システムの設定に誤りがあり、全国的に一部の被保険者について保険料の賦課誤り(保険料の過大、過小徴収)が発生していることを公表しました。
 これを受け、同じ基準で軽減判定(注1)を行う国民健康保険料についても誤りのある可能性があったことから、本市の国民健康保険料についても調査したところ、後期高齢者医療保険料の軽減判定と同様の誤りがあり、一部の被保険者の国民健康保険料の賦課誤りが判明しました。

注1 軽減判定とは
世帯の所得合計額が一定の基準以下の場合は、国民健康保険料の均等割額と平等割額を判定区分に応じて
7割・5割・2割軽減するもの。

2.原因

 軽減判定所得の計算にあたり、青色申告による翌年度への純損失の繰越控除(注2)を行う場合、国民健康保険料軽減判定用の繰越損失額を用いる必要があるところを、確定申告上の繰越損失額を用いて計算がなされていたため、賦課誤りが発生したものです。

注2 純損失の繰越控除とは
事業所得などに損失(赤字)の金額があった場合、その年に生じた損失を翌年以後3年間繰り越して
翌年以後に発生した所得額(黒字)から控除することができるもの。

3.件数及び更正額

(1)還   付(平成24〜28年度)    54件(41人)  2,696,900円

(2)追加徴収(平成27〜28年度)    16件(15人)    485,400円

4.今後の対応

 賦課誤りにおける還付対象の方については、文書にてお詫びと説明をするとともに、速やかに返金いたします。また追加徴収となる方については、個別訪問をして、お詫びと説明をするとともに納付のお願いをさせていただきます。
 軽減判定所得の算定内容の確認や関係法令解釈の理解を徹底し、再発防止に努めます。

お問い合わせ先

銚子市役所 市民課 国保料班
電話番号:0479-24-8955 / FAX:0479-25-7502
受付時間:午前8時30分から午後5時15分まで(土曜、日曜、祝日、年末年始を除く)
お問い合わせページ

前のページへ このページの先頭へ

お問い合わせ | 個人情報の取扱いについて | リンクの取扱いについて | 銚子市アドレス詐称メールについてのご注意 | サイトマップ

銚子市役所
〒288-8601 千葉県銚子市若宮町1-1 TEL:0479-24-8181 / FAX : 0479-25-0277
市役所庁舎窓口の受付時間 午前8時30分から午後5時15分まで (土曜、日曜、祝日、年末年始を除く)