観光ナビ 【 エリア・スポット・ジャンル別ガイド ≫ 川口・黒生・海鹿島エリア 】
川口・黒生・海鹿島エリア

遊ぶ
 あしかじまかいすいよくじょう
 海鹿島海水浴場
 入り江に面した周りを岩で囲まれたプール状の海水浴場で、波が静かなので子供連れの家族にも安心。海岸一帯には、多種多様な魚介類が生息し、磯遊びにも最適です。
海鹿島海水浴場
データ
アクセス方法 銚子電鉄「海鹿島駅」下車徒歩10分
 
文学碑散歩
 くにきだどっぽしひ
 国木田独歩詩碑
 慶応4年9月播州龍野藩の神龍丸が銚子沖で難破しました。この船に乗っていた国木田専八は銚子に滞在し、新生村(現在銚子市新生町)の淡路善太郎の妹まんと知り合い、明治4年7月、2人の間に生まれたのが独歩でした。明治文壇に不朽の足跡を残した独歩の生まれた故郷銚子では、海鹿島海岸の松林に囲まれた一角に、巨象の横たわるような形の自然石の碑を落成しました。碑文は詩人日夏耿之介の揮ごうによるものです。
国木田独歩詩碑 碑文 なつかしさ 我が故郷は何処ぞや 彼処にわれは 山林の見なりき - 山林に自由存するより 日夏 耿之介 -
データ
所在地 海鹿島町
文学碑散歩
 たけひさゆめじ
 竹久夢二
 明治末期から大正にかけて活躍した叙情画家であり詩人の竹久夢二が、海鹿島海岸にひっそりと咲き乱れる宵待草によせて、わが身の悲恋をうたったものです。この詩の一節と肖像を刻んだ文学碑が作詞の地である海鹿島高台に昭和46年建立されました。
碑文 宵待草 まてど暮らせど来ぬ人を 宵待草のやるせなさ 今宵は月も でぬさうな - 夢二
竹久夢二
データ
所在地 海鹿島町
文学碑散歩
 おがわうせんくひ
 小川芋銭句碑
碑文  大海を 飛びいづる如と 初日の出 碑文 大海を 飛びいづる如と 初日の出  芋銭は特異な画風を もって知られ、ことに酒脱な俳画は広く愛好されていました。昭和13年、71歳で死去しましたが、晩年は毎年のように海鹿島の別荘を借りて住み、この人ほど銚子を愛した画人はなく、碑文の句は、現在の天皇陛下がお生まれになった時銚子に滞在していてその喜びを詠んだものです
データ
所在地 海鹿島町
文学碑散歩
 おざきがくどうかひ
 尾崎咢堂歌碑
 政界の重鎮であった尾崎咢堂は銚子へ何回か訪れました。碑文の詩は、銚子は東のはずれにあり、向こう岸はアメリカで、アメリカに一番近いことをうたったものでしょう。
尾崎咢堂歌碑 碑文 朝またき 彼方の岸は アメリカと 聞きて爪立つ おはしまのはし - 瑞鶴荘にて 行雄 -
データ
所在地 海鹿島町
みどころ
 ちょうしぎょこう
 銚子漁港
銚子漁港  銚子の沖合いは寒流と暖流が交錯し、この海流に乗って回遊する魚群により、全国屈指の好漁場となっています。水揚げされる主な魚は、イワシ、サンマ、サバ、カツオ、マグロ、タイ、ヒラメなどで、鮮魚として全国各地に送られています。
お買い物
 うぉっせにじゅういち
 ウオッセ21
 ウオッセ21は、できるだけ多くの方々に新鮮な海の幸をお届けしたいという願いのもとに建設された「海の幸の総合センター」で、銚子に水揚げされた新鮮な魚介類や地元産品をはじめ国内外から集められた豊富な海の幸がお求めいただけます。
 また、シーフードレストラン「うおっせ」では新鮮な磯の香りをそのままに趣向をこらしたしたシーフードが楽しめます。
データ
電話番号 0479-25-4500(ウオッセ21)
  0479-24-8831(レストランうぉっせ)
所在地 銚子市川口町2-6529-34
アクセス方法 8:30〜17:00 年中無休

ウオッセ21
みどころ
 ちょうしぽーとたわー
 銚子ポートタワー
銚子ポートタワー  銚子ポートタワーは高さ57.7mのツインタワー構造で、3.4階の展望室からは、雄大な太平洋、そして漁船の出入り風景など漁港ならではの景観を楽しむことができます。
データ
電話番号 0479-24-9500
所在地 銚子市川口町2-6385-267
アクセス方法 JR銚子駅から千葉交通バス、
川口・黒生・ポートセンター行で20分
営業時間 8:30〜18:30 (4月〜9月)
8:30〜17:30 (10月〜3月)
(ただし、入館は閉館時刻の30分前まで)
休業日 年中無休
料金 大人350円 小人200円
(20人以上の団体は1割引き)
お参り
 かわぐちじんじゃ
 川口神社

 川口神社は、銚子河口と鹿島灘を一望できる丘の上にあり古くは白紙明神(はくしみょうじん)とも称しました。利根川の流れと出入船の眺めは素晴らしいものです。

♪九つとせ この浦守る川口の 明神御利益あらわせる この大漁節

 大漁節に歌われているように、漁師の信仰がきわめて厚く、川口を出入りする漁師の守り神として昔も今も参拝者は、後を絶ちません。

データ
所在地 銚子市川口町2-6378
アクセス方法 JR銚子駅から千葉交通バス、
川口・黒生・ポートセンター行
「明神下」下車徒歩1分
川口神社
美術
 はまぐちようぞうじょうせつてんじじょう
 濱口陽三常設展示場
 銅版画の技法メゾチントを20世紀に復活させ、さらに色彩を導入するという独自の世界を確立し、メゾチントの巨匠としてゆるぎない評価を得ている濱口陽三氏の作品が展示されています。
濱口陽三常設展示場
データ
電話番号 0479-22-0340
所在地 銚子市小畑新町7756(銚子市民センター内)
アクセス方法 銚子電鉄「西海鹿島駅」 下車徒歩5分
営業時間 9:00〜17:00
休業日 毎週月曜日(月曜が祝日の場合、翌日休館)
年末年始(12月28日〜1月4日)
料金 入場無料
美術
 わたなべがくじょうせつてんじじょう
 渡辺學常設展示場
 漁業の町銚子で生まれ育ち、そこで生きる漁師やきびしい自然の野性的なたくましいエネルギーと向き合い、それを表現しつづけた 渡辺學氏の作品が展示されています。
データ
電話番号 0479-22-0340
所在地 銚子市小畑新町7756(銚子市民センター内)
アクセス方法 銚子電鉄「西海鹿島駅」 下車徒歩5分
営業時間 9:00〜17:00
休業日 毎週月曜日(月曜が祝日の場合、翌日休館)
年末年始(12月28日〜1月4日)
料金 入場無料
渡辺學常設展示場
みどころ
 はーぶがーでんぽけっと
 ハーブガーデンポケット
 夏涼しく、冬暖かい銚子の気候は、ハーブを育てるにも適しています。花々で埋め尽くされた庭園にはいろいろなハーブがそろい、ガーデニングや育て方のアドバイスもしてくれます。
ハーブガーデンポケット
データ
電話番号 0479-25-3000
所在地 銚子市笠上町7005
アクセス方法 銚子電鉄「笠上黒生駅」下車徒歩10分
営業時間 9:00〜18:00 (年中無休)
自然
 かもめうぉっちんぐ
 カモメウオッチング  
 日本で普通に見られるカモメ(ウミネコ、カモメ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、シロカモメ、ワシカモメ、ユリカモメ、ミツユビカモメ)8種類全部を銚子で観ることができます。そのほか、カナダカモメ、トウゾクカモメ、ホイグリンカモメ、アカアシミツユビカモメ、ゾウゲカモメ、ヒメクビワカモメなども観察されています。 カモメウォッチング
みどころ
 くろはえ・あしかじまかいがん みかほまるそうなんのひ
 黒生・海鹿島海岸 美加保丸遭難の碑
 黒生、海鹿島海岸地ともに大小無数の岩礁があり、各々に「鳶(トンビ)岩」「鯨(クジラ)岩」などの名前がついた奇岩もあります。黒生海岸には「黒生チャート」と呼ばれる淡緑色のチャート岩石も存在します。
黒生・海鹿島海岸 美加保丸遭難の碑  1868年8月26日榎本武揚率いる幕府の艦隊8隻が江戸を逃れ、函館に向かう途中、暴風にあい、そのうちの1隻である美加保丸が黒生沖で座礁、沈没し乗組員が13名亡くなりました。その後1882年9月地元有志によって黒生海岸(一山いけす前)に遭難碑が建てられました。
みどころ
 せんにんづか
 千人塚
 阿波の鳴門か、銚子の川口、伊良湖渡合が恐しや――といわれた日本三大難所のひとつが利根川河口。「千人塚」は1614年(慶長19年)の海難事故で千人以上の犠牲者がでた際に人々の魂をなぐさめるため供養塔が建てられました。 千人塚
川口・黒生・海鹿島エリア マップ
 
 
ひとつ前のページへ このページのトップへ エリア・スポット・ジャンル別ガイドへ戻る