このページは、JavaScriptを使用しています。 銚子市生涯学習ガイド~まちなか調査隊―用語解説―~

大きく育てよう!銚子市の生涯学習ガイド まなびのたね

現在地 : トップページ  > まちなか調査隊 > 用語解説
戻る

まちなか調査隊


用語解説

  • 文化財
    →文化財保護法第2条に定義されているもの。
  • 指定文化財
    →文化財保護法、千葉県文化財保護条例、銚子市文化財保護条例により指定されたもの。
  • 地域文化
    →地域の人々の暮らしと深くかかわってきた歴史的・文化的・自然的遺産
  • 地域文化資源
    →各地域の歴史が育まれてきた中で、先人により過去から現代まで伝えられてきた「知恵・経験・活動の成果や環境」など地域の文化を構成する多様な価値観を持つ歴史・文化・自然・伝統の各分野で、今日まで遺されてきたもの(遺産)。
  • 地域文化財
    →「地域文化資源」のうち、その価値を再発見し、その価値を再認識し、多くの人々によりその価値を共有できたもの。
  • 地域文化資源リスト
    →現地調査した各地域に残る「地域文化資源」の「名称」・「種類」・「時代」・「所在地」・「概要」などをまとめたもの。

文化財保護法より抜粋
(文化財の定義)
第二条 この法律で「文化財」とは、次に掲げるものをいう。
一 建造物、絵画、彫刻、工芸品、書跡、典籍、古文書その他の有形の文化的所産で我が国にとつて歴史上又は芸術上価値の高いもの(これらのものと一体をなしてその価値を形成している土地その他の物件を含む。)並びに考古資料及びその他の学術上価値の高い歴史資料(以下「有形文化財」という。)
二 演劇、音楽、工芸技術その他の無形の文化的所産で我が国にとつて歴史上又は芸術上価値の高いもの(以下「無形文化財」という。)
三 衣食住、生業、信仰、年中行事等に関する風俗慣習、民俗芸能、民俗技術及びこれらに用いられる衣服、器具、家屋その他の物件で我が国民の生活の推移の理解のため欠くことのできないもの(以下「民俗文化財」という。)
四 貝づか、古墳、都城跡、城跡、旧宅その他の遺跡で我が国にとつて歴史上又は学術上価値の高いもの、庭園、橋梁りよう、峡谷、海浜、山岳その他の名勝地で我が国にとつて芸術上又は観賞上価値の高いもの並びに動物(生息地、繁殖地及び渡来地を含む。)、植物(自生地を含む。)及び地質鉱物(特異な自然の現象の生じている土地を含む。)で我が国にとつて学術上価値の高いもの(以下「記念物」という。)
五 地域における人々の生活又は生業及び当該地域の風土により形成された景観地で我が国民の生活又は生業の理解のため欠くことのできないもの(以下「文化的景観」という。)
六 周囲の環境と一体をなして歴史的風致を形成している伝統的な建造物群で価値の高いもの(以下「伝統的建造物群」という。)


まちなか調査隊

参加者募集のご案内


活動の手引き


調査隊員のご紹介


Copyright © 2008, Choshi-City Board of Education, All Rights Reserved