このページは、JavaScriptを使用しています。 銚子市生涯学習ガイド〜銚子の文化遺産【古文書】玄蕃日記〜

大きく育てよう!銚子市の生涯学習ガイド まなびのたね

現在地 : トップページ  > 銚子の文化遺産 > 古文書 > 玄蕃日記
戻る

銚子の文化遺産【古文書】

玄蕃日記[げんばにっき]

【指定区分】市指定有形文化財 古文書
【所有者】個人蔵 【公開状況】非公開

玄蕃日記 『玄蕃日記』は、文化9年(1812年)から明治5年(1872年)に至る61年間、田中玄蕃家の当主によって書き継がれてきた日記で、総冊数は95冊に達する記録です。
 日記は冊子装[さっしそう]で、表紙には要用記、日記あるいは日鑑の表題がつき、そのほか年号と筆者田中玄蕃の名が記されています。
 田中家は、海上[うなかみ]飯沼[いいぬま]村の草分百姓で、近世に入ってから干鰯[ほしか]生産や醤油醸造業を営んで産をなし、幕末にいたって、高崎藩から士分の待遇を与えられるなど江戸時代の銚子を代表する豪商でした。
 日記には、毎日の気象にはじまり、家事、交際の記録、陣屋や村役人の動向、家業経営上の心覚えなどが記されていて、近世銚子の庶民生活や政治・経済の状況を知る上での貴重な資料です。
 なお、日記のうち文政7年、弘化3年、明治3・4年などを欠失しています。


Copyright © 2008, Choshi-City Board of Education, All Rights Reserved