このページは、JavaScriptを使用しています。 銚子市生涯学習ガイド〜銚子の文化遺産【無形文化財】銚子縮〜

大きく育てよう!銚子市の生涯学習ガイド まなびのたね

現在地 : トップページ  > 銚子の文化遺産 > 無形文化財 > 銚子縮
戻る

銚子の文化遺産【無形文化財】

銚子縮[ちょうしちぢみ]

【指定区分】県指定有形文化財 無形文化財
【所在地】銚子市松岸町3-228 【保持者】常世田眞壱郎

銚子縮 独特な肌触りの良さが特徴の銚子縮は、普通糸の何倍もの[]りをかけた左撚りと右撚りの二種類の木綿糸を使い、それらを横糸として交互に通し織り込みます。織り上がった生地を湯に浸けて揉み込んだ際、撚りが戻ろうとする互いに反発する弾力を利用して生地に細かな凹凸[おうとつ]をつくることで、何回洗っても縮まない丈夫な織物が仕上がります。
 銚子縮の発祥は定かではありませんが、江戸時代漁師の妻女達が内職として始めたといわれ、同時代後期に産業化したようです。しかし、大正時代を境に銚子縮の生産は途絶え、戦後、常世田真次郎氏が銚子縮の復活を心がけ、苦心の末に銚子縮を再興し、秀雄氏、眞壱郎氏と継承されています。


Copyright © 2008, Choshi-City Board of Education, All Rights Reserved