このページは、JavaScriptを使用しています。 銚子市生涯学習ガイド〜銚子の文化遺産【彫刻】銅造阿弥陀如来及び両脇侍立像[善光寺式三尊](東光寺)〜

大きく育てよう!銚子市の生涯学習ガイド まなびのたね

現在地 : トップページ  > 銚子の文化遺産 > 彫刻 > 銅造阿弥陀如来及び両脇侍立像
戻る

銚子の文化遺産【彫刻】

銅造阿弥陀如来及び両脇侍立像(善光寺式三尊)[どうぞうあみだにょらいおよびりょうわきじりゅうぞう(ぜんこうじしきさんそん)]

【指定区分】市指定有形文化財 彫刻
【所在地】銚子市小船木町1-863 【所有者】東光寺 【公開状況】毎年4月21日

銅造阿弥陀如来立像及び両脇侍立像(東光寺) 善光寺式の阿弥陀三尊像は、鋳銅製で鍍金[ときん]を施しています。中尊の阿弥陀如来は、像高25.1センチメートルで、螺髪[らほつ]施毛形[せんもうがた]に彫り出し、白毫[びゃくごう]に銅を入れています。右手はひじで曲げ、左手は下げて第二・三指をのばして刀印を結び、衣は両肩に衲衣[のうえ]を着け、[くん]をはき、蓮華座[れんげざ]の台座に両足を揃えて直立してます。
 左脇侍の観音菩薩立像[かんのんぼさつりゅうぞう]は、像高13.4センチメートルで宝冠に阿弥陀仏を表し、右脇侍の勢至菩薩立像[せいしぼさつりゅうぞう]は、像高13.5センチメートルで宝冠に宝瓶[ほうびょう]を表し、共に蓮華座の台座に直立しています。光背[こうはい]は、鋳銅製で、周縁を雲烟とし、上方には化仏七体を浮彫りにする二重相光です。
 中尊の阿弥陀如来はその形状・構造・作風等から鎌倉時代末期(14世紀初め頃)の製作と推定されています。また、両脇侍像、光背、台座は近世以降の後補のものです。
 善光寺式阿弥陀三尊とは、阿弥陀信仰と浄土教が盛んになるにつれて、飛鳥時代に長野県善光寺に安置されたという三国伝来の阿弥陀三尊像を尊び、その模像が藤原時代末から鎌倉時代にかけて多く造られました。ひとつの光背を三尊が共有する一光三尊形式で日本全国に分布し、関東に多く残っています。


Copyright © 2008, Choshi-City Board of Education, All Rights Reserved