このページは、JavaScriptを使用しています。 銚子市生涯学習ガイド〜銚子の文化遺産【記念物・史跡】中島城跡〜

大きく育てよう!銚子市の生涯学習ガイド まなびのたね

現在地 : トップページ  > 銚子の文化遺産 > 記念物 > 中島城跡
戻る

銚子の文化遺産【記念物・史跡】

中島城跡[なかじまじょうあと]

【指定区分】市指定史跡
【所在地】銚子市中島町2-223 【所有者】私有地

中島城跡(上空写真) 中島城跡は、標高36メートルから43メートルの台地突端部に位置し、台地の北東及び南西に入り込む谷によってくびれた部分を城域の北端とし、台地の上から裾部に至るまで全域に遺構が見られ、東西約500メートル、南北約400メートルで、県内中世の城としては規模の大きなもののひとつです。
 城の形態は、高田[たかだ]川と[さかさ]川で外堀[そとぼり]を形成し、大手門・水堀[みずぼり]土塁[どるい]腰曲輪[こしぐるわ]土壇[どだん]等の遺構が確認できます。大手門と西木戸以外はすべて60度近い急傾斜地となっており、自然の要害を生かした城といえるでしょう。
 また、何段もの三角土塁[さんかくどるい]、幾重にも屈折した空堀[からぼり]などの工夫がなされ、本丸(御城[みじょう])へ攻め入るまでには、難攻不落であったことがうかがえます。
 中島城は、海上[うなかみ]氏関係の遺跡・遺品・伝承等によると鎌倉時代からこの地方を治めていた千葉氏一族の海上宗家[そうけ]の居城と考えられ、天正18年(1590年)に落城したと伝えられている城は、城郭の遺構が大規模に造られていることなどから、戦国時代の築城であると推定されています。


>>中島城の構造ダウンロード(PDF形式840kb)


Copyright © 2008, Choshi-City Board of Education, All Rights Reserved