長山分校


自ら学び続ける子・心豊かな子・健康な子


校舎 本校から5キロ離れた台地にある小さな分校。明治42年長山の発展に貢献のあった内野五郎三氏が出資し、村民から寄付を募り分校を創立した。分校維持費は内野氏の寄付と村民の学校田の共同耕作で得た収入でまかなった。大正6年大暴風で校舎全壊。内野氏の私財と村民の寄付で再建・・・・。このような分校に対する篤い熱意の歴史の上に建っている。

平成17年度から休校
主任

児童数

学級数





もどる